いびきの古本はマイナー過ぎて買い取れない?

実用書やアート的な絵本がたまり過ぎているので、整理することにしました。

前に古本屋へ持ち込んだら、買取価格が安くてガッカリしたことがあります。

そこで今回は、ネットの中古本業者に買い取ってもらうことにしました。

査定結果が通知されましたが、その価格の高さに驚きました。

きっと店頭よりもネットの方が、販売網がしっかりしているので高く買い取れるのでしょう。

もっと早く気が付くべきでした。

うれしいのでさっそく通帳を持って、記帳に行きました。

あれ、なんで振り込まれていないの?と思って帰って調べたら、振込予定日はまだ先でした。

なんと嬉しがりなのでしょうか、恥ずかしいです。

けれども、それには焦る理由があるのです。

家族から「ネットの中古本買取が良かったら、やり方を教えて」と言われているからです。

用心深い私としては、代金が振り込まれないと結果報告できません。

家まで取りに来て運送料は無料、それでもって振込手数料も引かれないのでしょうか。

確認できるまでは、信じられません。

それはそうと中古本は、ネットで買い取ってもらうのが良いようです。

もっと要領のいい人は、オークションなども利用して上手く売るのでしょうね。

今回の買取代金に不満はないけれども「これは良い本!」だと思っていた本に、値段が付きませんでした。

いびきうるさい寝れない本とかには、ひどい汚れや傷があったのでしょうか。

それともマイナーすぎて、買い取れない本だったのかも知れません。

どっちみち、気に入って購入した本も、いつかは飽きて売るかもしれないのだと悟りました。

だからこれからは、本を傷めたり汚したりしないように気をつけます。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク