インフルエンザの検査がうけられます

夜中に高い熱が出て、40℃前後まで上がって体調が悪化したので、翌日病院で診察してもらいました。

結果、インフルエンザの検査がうけられますよとおっしゃいました。

私も残念ながら、インフルエンザだったら、それにあったお薬を選んで貰えるので、検査したいと希望しました。

乳酸菌をどう選べばよいかというと、まず乳酸菌を含む商品を試用してみるのが御勧めです。

ちかごろでは、美味しい乳酸菌飲料もありますし、乳酸菌サプリも販売されています。

内臓まで届く乳酸菌飲料を初めて口にした時、次の日、お手洗いから出られないぐらいの状態なったので休日前に試すといいでしょう。

乳酸菌シロタ株イコール、ヤクルトしかありません。

その昔、白血病を患い、病気を克服した経験のある渡辺謙さんのCMをよく目にします。

見事白血病に打ち勝ち、ハリウッドで大活躍の渡辺謙さんがコマーシャルで薦めていると、高い効果が期待できそうな気分です。

便秘になってしまっても、薬に頼れば簡単に対策はできるとは思います。

ですが、薬に頼ってばかりなのはダメなので、食生活を見直してみてください。

実際、食物繊維が豊富にふくまれた食べ物を摂る事が効果的で、不溶性と水溶性の両方の食物繊維をバランスよく摂るのが重要です。

後、野菜やきのこ類、海草類をどんどん食べるようにしましょう。

ここのところの研究でインフルエンザを予防するには乳酸菌がまあまあ有効だということが分かるようになってきました。

実際、インフルエンザというのはワクチンだけですべてを防ぎきることは出来ません。

乳酸菌を日頃からしっかり摂取することで免疫力が上がって、インフルエンザの正しい予防となったり、症状を和らげてくれる効果があるのではないかと考えられているんです。

主に一歳から五歳くらいの子どもがインフルエンザというものに感染し、高熱が出た後、急にけいれんや意識障害、または異常行動等の症状を引き起こすのがインフルエンザ脳症といったものです。

インフルエンザ脳症は、命にも関わってくる深刻な疾患であり、治癒した後に後遺症の残ることもございます。

乳酸菌が身体に良いものだということは有名な事実ですが、一方で効かないという説もあります。

これについても本当かどうかなんてわかりません。

なんとなくというと、個人差があるほか、あくまでも乳酸菌は菌であり、いぶきの実の効果みたいに絶対に効果が期待できる薬ではないからです。

まず、それが自分に合うかを試してから考えてください。

もっとも、いぶきの実はイビキや歯ぎしりに効果的なサプリですから、乳酸菌とはだいぶ違います。

ちなみに、インフルエンザの感染が判明すると、学校などへの出席が5日間禁止になります。

インフルエンザに感染した際でも、2、3日で発熱は治まるので、いきたくなってしまうかもしれません。

立とえ平熱に戻っても、体内にウィルスはまだ残っており、他人にうつる危険性があります。

なので、出席停止の期間を守ることが感染を防ぐのに必要なことです。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク